ファクタリングとは?ファクタリングが資金調達におすすめな理由4つ

できるだけ早く事業資金を用意したい…

銀行融資や借り入れは時間がかかる…

そもそも債務超過や税金の滞納があって融資を受けるのが難しい…

こんな方におすすめなのがファクタリングです。

中小企業や零細企業の資金調達方法として今注目を浴びているファクタリングですが、他の融資や借り入れとは何が違うのでしょうか?

今回のコラムではそういった疑問を持つ方に向けて「ファクタリングとは?」「ファクタリングが資金調達になぜおすすめなのか?」などについて解説します。

●ファクタリングとは?なぜおすすめなのか?

ファクタリングとは、「売掛債権を現金化すること」です。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社が買い取るという形の資金調達方法であり、借り入れではないという点に特徴があります。

借り入れではないため、バランスシート(賃借対照表)への影響もわずかで、しかも資金調達のスピードが早いのが特徴です。

早いところでは即日で資金調達ができるところもあります。

ファクタリングは売掛先に同意を得ずに行う「2社間ファクタリング」と、売掛先に同意を得て行う「3社間ファクタリング」の2種類があり、それぞれ特徴は異なります。

メリットデメリットの両方があるので、どちらがいいと端的に言えるわけではありません。

●【ファクタリングとは】ファクタリングがおすすめの理由4つ

ファクタリングは通常の借り入れや融資と異なる様々なメリットがあります。

そのまま売掛金の支払いを待つことに比べると最終的に手元に残る金額は少なくなるのですが、一部の経営者にはそれを差し引いても有り余るメリットがあるのがファクタリングです。

なぜおすすめなのか、その理由を4つ紹介します。

ファクタリングがおすすめの理由①最速で資金調達可能!

一番のメリットといえるのが資金調達のスピードです。

銀行の融資や借り入れだと最低2週間はかかりますが、ファクタリングならば最速で即日現金化が可能です。

キャッシュフローがスムーズになる上、急な資金調達にも最適な方法といえますね。

ファクタリングがおすすめの理由②返済の手間や利息が発生しない

ファクタリングは「売掛金の売却」であり、借り入れではないので返済の手間や利息が発生しません。

必要なのは売掛先の支払いを待つこと、それだけです。

売掛先企業の財務状況が悪くなって倒産した場合もそのリスクはファクタリング業者が請け負ってくれるため支払いの必要はありません

2社間ファクタリングであれば入金された売掛金をファクタリング業者に支払う手間は生じますが、売掛金によって支払い費用は担保されているようなものなので気苦労は不要です。

ファクタリングがおすすめの理由③審査に通りやすい

多くのファクタリング業者は銀行よりはるかに緩く柔軟な審査基準をとっています。

債権を買い取るという形なので、債務超過や税金の滞納があっても問題なくファクタリングを実行することができ、担保や保証人も必要ありません

資金繰りに苦しい中小企業や零細企業であってもスピーディーな現金化が可能というのは嬉しいですよね。

ファクタリングがおすすめの理由④バランスシートへの影響がほとんどない

通常の借り入れだと、バランスシート(賃借対照表)に負債として記録され、負債を返済するまでの間は信用力が落ちてしまいます。

信用力が落ちてしまうと、負債を返すまでの間新しい融資を受けにくくなり、事業の遂行に支障が出てしまいますね。

しかしファクタリングであれば売掛債権が消え、未収入金として仕分けされるようになっています。

そのため負債には該当せず、信用力に影響を与えません。

ファクタリングをしたとしても、金融機関から融資に悪い影響がないので新たな融資を得て事業を推進させることも可能となります。

●ファクタリングを利用するときの注意点3つ

このようにファクタリングには多数のメリットがあり、中小企業や零細企業の資金調達には非常におすすめなのですが、注意すべきポイントもあります。

ファクタリング利用時の注意点①売掛金がないと現金化はできない

ファクタリングは売掛金の売却にあたるので、そもそも売掛金がないと現金化はできません。

また、売掛金の範囲内でしか現金化できないため、売掛金を超える資金調達はできないという点も注意が必要です。

ファクタリング利用時の注意点②手数料がかかる

ファクタリングを利用するときは、

  • ファクタリング会社に支払う手数料
  • 債権譲渡手続きにかかるコスト

がかかる可能性があります。

債権譲渡手続きにかかるコストは業者によっては削減可能ですが、手数料は削減できません。

手数料は業者により大きく異なりますが、2~20%が相場で、2社間ファクタリングの方が割高になることが多いです。

そのため売掛金の満額は手にできないという点は注意しておかねばなりません。

ファクタリング利用時の注意点③3社間ファクタリングだと信用力が落ちるおそれがある

3社間ファクタリングの場合は、売掛先に了解を得てファクタリングを実行しなければなりません

売掛先にファクタリングすることが知られるということは、資金繰りに難航していることが知られるということです。

そのため、信用力が低くなり、今後の取引に支障をきたすおそれがあります。

また、了解を得るまでに時間がかかり、スピーディーな資金調達ができなくなる可能性もあります。

こうしたリスクを避けるには、手数料が割高でも2社間ファクタリングを選ぶべきでしょう

●まとめ:ファクタリングとは?おすすめの理由について解説しました

今回のコラムでは

・ファクタリングについておすすめの理由4つ

・ファクタリング利用時の注意点3つ

について解説しました。

中小企業や零細企業の強い味方となってくれるファクタリング、いざというときのために検討しておくといいかもしれませんね。

九州エリアでファクタリングを探しているのであれば、手数料2%~と最安で最短買取のファクタリング福岡を検討してみてはいかがでしょうか?

✉今すぐ無料査定